矯正をする決意をしたのは好きな人が出来たから

今まで自分の歯並びが悪いなと思いながらも、自分自身で見ないようにしてずっと放置してきました。それは一種の甘えだったのか、怠け心だったのか分かりませんが、結局いい大人になるまで歯列矯正を行うことができなかったのです。ただ、放置はしていたものの人前では自分の歯を気持ちよく見せることができずに、笑う時は絶対に口元を手で隠すような癖がついてしまっていましたし、歯並びに対するコンプレックスから異性に対しても積極的にはなれませんでした。



しかし、そんな私でしたがここ最近、本気で歯列矯正をする決意をしました。その切っ掛けとなったのは、お恥ずかしい話ですが好きな人ができたからです。

銀歯がとれたむし歯を1回で白い歯に - YouTube

今まで異性に積極的になれなかった私ですが、今回好きになった人は今まで好きになった人とは違いかなり特別な存在です。ですから、どうしても振り向かせてみたいと考えてしまいます。でも、そのためには自分自身に自信を持たなければ、何も進展しないことに気がついたのです。私には歯並びの他にも色々なコンプレックスや至らない部分はありますが、やっぱり歯並びが一番気になるポイントですし歯は相手に与える印象がかなり大きいです。それゆえに、その相手との恋愛を成就するためには真っ先に矯正しておかなければならないと思い、矯正をするという決断へと至りました。

その他施設|Mammy’s Paw (マミーズパウ) 無麻酔歯石除去 予防医療マッサージ|東京都中央区

矯正をする切っ掛けというのは人それぞれであるでしょうが、私みたいに好きな人ができたということがそれを行う理由であっても良いと思います。それに、良い歯並びはこれから先の人生においてもずっと価値を持ち続けますので、好きな人ができて矯正を決意する切っ掛けとなったのはある意味で運が良かったと思います。