基本料金の一本化っていうのは結構家計に貢献しています

自分で言うのも何なのですが、私は専業主婦の割りにかなりズボラな性格をしていると思っています。例えば、日ごろのお買いものでも、冷蔵庫に残っている種類の食品をかぶって買ってしまいますし、お掃除をしてもお部屋の隅っこに埃などを残してしまい、夫から「お前はこういう部分がいい加減だよなぁ」と苦笑いされながら言われてしまう有り様です。

太陽光発電 電気代

こんな調子ですから、毎月の光熱費の計算も結構苦手で、「電気代はこれだけ、ガス代は今月はこれだけだから、どの口座にいくら入れればいいのかしら?」と、家計を分ける銀行の管理も、実は四苦八苦していたのです。

エリアと周波数

こんないい加減な私ですが、それが「オール電化」が我が家に導入されてから、光熱費の管理がすごくやりやすくなりました。何せ、今までは「電気」「ガス」に分かれていた部分が、電気料金の計算だけで済むようになったのです。この光熱費基本料金の一本化は、私的には結構家計に貢献してくれていて、負担が減って大変ありがたく感じています。

EC-CUBEで使える決済モジュール / 日本発!ECオープンプラットフォーム EC-CUBE

もちろん、もともとオール電化対応ではない家をそうするためには、かなりの費用と準備・工事期間が必要ですが、それを差し置いても対応化させる価値はあると、実際に私は感じています。もしも今、自宅の光熱費を一本化するかどうか迷っている人がいるなら、毎月の基本料金を一本化できるという面だけでも魅力があると伝えたいと考えています。